鏡の中のマリオネット 自分の為に踊りな 。
あれだけランチを食べたのに、
もうお腹が空きました。
つか、たくさん歩いたのでビールが呑みたい気分です。
でも、外は寒いので、温かい食べ物を添えて欲しいね。

カレル橋を渡って、旧市街広場方面にい歩いてみることにしました。
何やら楽しそうなお店がいっぱいありそうです。

b0129002_1651143.jpg

レストランの前に、ブサイクな人形が忙しそうに立ってました。
パンジーのような花は美しいのですが、
人形が美しくないので、この店はパスです。

b0129002_1661396.jpg

その隣の店も怪しげな雰囲気を醸し出してますが・・・

b0129002_168697.jpg

どうやら「マリオネット劇場」らしいです。
チェコが誇る伝統芸能の一つに、マリオネットがあります。
この日はモーツァルト作曲の『ドン・ジョバンニ』を演劇してたようです。

b0129002_1684872.jpg

その隣の店はやっぱり「マリオネット屋さん」でした。
所狭しと置かれたマリオネットの中で、
「ピノキオ」だけが店員に命を吹き込まれてました。
勉強と努力が嫌いで、すぐに美味しい話に騙されるピノキオ。
何だかメガネさんと似てますね。

b0129002_1693028.jpg

他にも、各国のサッカー代表をモチーフにしたマトリョーシカ屋さんや、

b0129002_16101721.jpg

「サリーちゃん」や「魔女の宅急便」の原点を尾髣髴させる人形屋さんなど、
子供から大人まで喜びそうなお土産がたくさん売ってました。
もちろん、メガネさんは素通りするだけしたが。


b0129002_1519228.jpg

平日の夕方ということで、観光地とはいっても人通りは多くありません。

b0129002_15181687.jpg

たまに若者の集団とすれ違いますが、親父狩りの恐怖に怯えます。
池袋サンシャイン通りとはまた違う警戒心が必要です。

b0129002_1522571.jpg

このような門に必ずいる石像は、
犯罪防止としての意味もあるのではないでしょうか。
暗闇にこんなのがいたら、まじビビリますよね。


b0129002_15245882.jpg

どうやら今は「ヨセホフ」と呼ばれるユダヤ人地区を歩いてるようです。
おしゃれな建物がたくさん建っています。
カフェの壁にシースルーのお姉さんが微笑んでます。
こんなに甘美な誘われ方をしたら、誰でも中に入りますよ。

b0129002_15302552.jpg

でも、今回はヨメの親もいるので我慢です。
教会の脇道を通って罪を清めます。

b0129002_15323619.jpg

途中、印象的な一枚の絵が飾ってありました。
「にわとりに驚く娘」です。
シェー!!


b0129002_15362580.jpg

相変わらず、道は石畳です。
すぐ足が痛くなります。
こんなことなら、空を飛べたらいいのに・・・
そう思いながら空を見上げると、

b0129002_15381589.jpg

・・・あれって・・・人だよね?

b0129002_1540152.jpg

ほんとだ! 人がぶら下がってますよ!!
片手で必死にぶら下がってる人の真下を通り抜けるのは、かなり怖いです。
巻き添えだけはごめんですから。


b0129002_15432955.jpg

飛べない人間は、車で移動します。
レッカー移動されないように、駐車スペースに停めましょう。
こんな標識も、いちいち「オシャレ」に感じます。


b0129002_15463515.jpg

だいぶプラハ城から歩きました。
人通りも少ないです。
でも、城の周辺のレストランは値段が高いのです。
それは観光地の万国共通な宿命です。

b0129002_15501311.jpg

あれ?
青空市があったみたいですね。
おや?
もう店じまいみたいですよ。
いま?
18時ちょっと前ですから、ご飯を食べましょう!

b0129002_15523985.jpg

目に付いたのは「ジャパニーズレストラン 翔」でしたが、
もちろん入らず、

b0129002_15544552.jpg

気軽にチェコビールが呑めそうなパブ風な店
「STARE CAZY」に入ってみることにしました。

では入店です!!
[PR]
by chesky471225 | 2008-03-17 17:50 | 3月17日の出来事