そして、男は川になる。
とりあえず「黄金の小路」を堪能したメガネさん。

b0129002_17472080.jpg

裏口を出て、もと来た道を戻ります。

b0129002_17484328.jpg

まだ16時過ぎだというのに、どんより曇り空のせいで、
辺りが暗く感じます。

b0129002_1750062.jpg

さらに、こんなに広い広場なにに、人っ子一人いません。
何? ここ観光名所でしょ?
そんな不安を打ち消すように・・・

b0129002_17512413.jpg

無理やりテンションを上げて、観光客気取りで記念撮影しました。
「寒いから早く撮ってください」

b0129002_1757059.jpg

お城の中に郵便局がありました。
たしか「POSTA」って郵便の意味だと思います。

普通はここで日本にいる家族や、親しい友人宛に手紙を送るのが楽しいのでしょうが、
いかんせん寒いので、さっさと立ち去りたい気持ちに忠実に従って、

b0129002_1815430.jpg

土産物屋もそこそこに、

b0129002_1804821.jpg

寂しい石畳を急いで駆け上がりました。


b0129002_1834130.jpg

屋根の上や、

b0129002_1833143.jpg

城の足元には、
電球が佇んでました。
夜になると光り輝く、アレです。
さすが観光に力を入れてる街だけあって、ショーアップの準備は万全です。

b0129002_18535593.jpg

プラハ城からの景色に別れを告げて、
愚民どもは再び、野に下ることにしました。

b0129002_1854542.jpg

行きとは違って、帰りは坂を下るのみなので楽です。
でも、右手右足を一緒に出してたら転びますよ。

b0129002_18585163.jpg

登った分だけ下ります。

b0129002_18595153.jpg

よく登ったもんだと感心するくらい下ります。

b0129002_1905181.jpg

途中、自転車が置いてあったので、黙って借りようと思いましたが、
サドルの位置が異常に高いので、己の未熟さを痛感して止めました。

b0129002_1924227.jpg

共通の合言葉は「慌てない 飛び出さないで のんびりと」です。
慌てるとロクなことがありません。
メガネさんの人生そのものです。

観光地なので、色々なバッタモンが売られてましたが、

b0129002_198265.jpg

「中華料理屋」なのに、「京都飯店」はナシだと思います。
異国の地で日中間が理解しあえたのは、やっぱり偽装でした。


b0129002_19291486.jpg

城から街へ続くカレル橋を渡ると、さっきは見えなかった人間模様が垣間見えます。
長い間、他国に統治されていた深い絶望と悲しみ。
誰にも見せなかった泪。
人知れず流した泪。

b0129002_19351673.jpg

それを取り戻したチェコ人のプライドが詰まったカレル橋。
決して平らな道ではなかったけれど、確かに歩んできた道。
いくつもの日々を越えて辿りついた今を繋ぐ、栄光の架け橋です。

b0129002_19414652.jpg

川の流れと人の世は、澱みもあれば渓流もある。
過去と恨みは流れても、人への恩だけは流さない。

b0129002_201455.jpg

生きる辛さに耐えながら、人は優しさ恋しがる。

なんて北島三郎の「川」の一節を唱えてると、
無性にお腹が空いてきました。

b0129002_204291.jpg

街に出ました。
美味しいものを食べに行きましょう!!
[PR]
by chesky471225 | 2008-03-17 17:13 | 3月17日の出来事