カラバ侯爵からの贈り物。
お腹も膨らみ、テンションもあがり、
いい気分のままお会計を済ませ、
いよいよ街を探検することにしました。

チェスキークルムロフのシンボルといえば、なんといっても


b0129002_11134557.jpg

クルムロフ城です。
チェコではプラハ城に次いで2番目に大きいお城だとか。
色鮮やかな壁が放つ圧倒的な存在感が、見てるだけでワクワクします。


b0129002_11205837.jpg

「ニョロニョロも 思わず飛び出す クルムロフ」

一句詠んでみました。
チェコ人に怪訝な顔でジロジロ見られつつ、先に進みます。


b0129002_11315570.jpg

観光に力を入れてるだけあって、
街のいたるところにお店がありました。


b0129002_11341799.jpg

もちろんチェコ語は読めないので、何の店か解からないのですが、
その個性的な佇まいを見てると思わず引き寄せられてしまいます。
試しに中に入ってみると・・・


b0129002_1311058.jpg

アンティークな小物や家具を扱うショップのようでした。
古いものは趣があって好きなのですが、
「ボロイ」のと「味がある」のは紙一重ですね。

歴史を感じさせるお店がある一方で、
伝統と現代を融合させた商品もありました。

それが・・・


b0129002_13124470.jpg

『夢と魔法の国へようこそ!!』

何と、アメリカ産のネズミ(♀)がモチーフのあやつり人形を発見しました。
チェコの伝統工芸と、異文化キャラが融合された見事な一品です。

どうやらチェコは人形劇が盛んらしくて、
それらをお土産として売ってるお店がすごく多かったです。


b0129002_1330551.jpg

「Choo Choo TRAIN」で大ブレイクした個性溢れるエンターテインメント集団とか、、


b0129002_13305422.jpg

『それはね、お前を食べるためだよ!!』 とか、


b0129002_1338436.jpg

『ボクは一回もウソをついた事ないよ!!』 とか、

特異なキャラクターが、職人の手によって命を吹き込まれてました。
どうも微妙ところを突いてる感が否めませんが。。。


と、ここでメガネさんに異変が・・・


お店に入るとお腹が痛くなる悪いクセがここでも勃発!
公衆便所もコンビニもないこの街で、
トイレがある場所といったら・・・


b0129002_1644924.jpg

さっきチェックインしたホテルです。
急いで、でもゆっくりと帰るロクデナシ。
いくら旅の恥はかき捨てとは言っても、漏らすことはどうしても避けたいお年頃。
いみじくも腹痛のビッグウェーブがまもなく最高値に達したとき・・・





b0129002_16492132.jpg

どうにか間に合いました。。。
トイレのマークが万国共通でよかったです。
眉間のシワがこれまでの激痛を物語っていますね。




b0129002_16502746.jpg

出るものは全部出したので、意気揚々と再び街に繰り出すお調子者。
さあ、次はどの店に入る?


b0129002_16524787.jpg

『ねぇ、この店の人形ってさっきの店よりレベルが高いよ』


b0129002_16544660.jpg

たしかに顔や服の作りなどがかなり凝っている感じがしますね。


b0129002_16584582.jpg

この完成度に比べたら、さっきの人形はバッタもんと思わずにいられません。


b0129002_1715918.jpg

さらに、あやつり人形だけじゃなく、パペットも充実してました。


b0129002_17454100.jpg

一つ一つ丁寧に作られたかわいいパペット。


b0129002_1761089.jpg

そのどれもが日本につれて帰りたい衝動にかられる代物です。


b0129002_1772944.jpg

おっと、衝動を抑え切れなかった人がいますよ。
いったい誰をつれて帰るのですか?


それは・・・



b0129002_1774776.jpg

長靴をはいたネコさんでした!

この高貴なる佇まいと、愛くるしい表情に全会一致の一目ぼれです。

キャー! カワイイ!!!


旅のお供にネコさんが一匹加わりました。
[PR]
by chesky471225 | 2008-03-18 17:04 | 3月18日の出来事