駅から街までガラガラと。
13時20分。

b0129002_13223948.jpg

ようやく「CESKY KRUMLOV駅」に到着です。
おとぎ話に出てきそうな街並みとの噂ですが、
そういえば駅舎もどこかしら可愛い雰囲気がありますね。

b0129002_13254625.jpg

とりあえずホテルまでの道のりを確認しましょうか。
でも、すごく広域の地図なので全然わかりませんね。
表に回れば何かあるかも。

b0129002_1336927.jpg

正面口に来てみました。
ホームから見た駅舎とはうってかわって、
ずいぶんシンプルな建物ですね。
幾分寒さも感じられます。

b0129002_1338975.jpg

しかも正面口なのに、この殺風景さに寒さが募ります。
ほんと何にもねーな。

b0129002_1340934.jpg

頼りは駅前にポツンと貼られていた一枚の地図のポスターのみです。
これで大丈夫・・・なのか?

b0129002_13425641.jpg

『この道をまっすぐ行って左を曲がればいいんだよ』
『おっ、さすが地図を読める男だね』
『・・・たぶん。。。』

一行の中で唯一の男性であるメガネさんですが、
頼りなさでは上位にランクキングされてる気がします。

b0129002_13453028.jpg

すべての勘を振り絞って、左に曲がってみました。
雲の流れが速いです。
時折粉雪が舞っています。
人の姿がありません。
ひたすら続く一本道を、重たいトランクをガラガラ引きずりながら歩き続ける日本人。
かなり怪しいです。

b0129002_1349069.jpg

あっ、チンタラ歩いてたメガネさんたちよりも、
もっとチンタラ歩いてる外国人3人組がいました。

『ドブリーデン!』

愛想だけは忘れない日本人。
旅の会話は挨拶が基本ですよね。

b0129002_13522389.jpg

つか、ここチョーいい眺めじゃん!
さっきの外国人はチンタラ歩いてたんじゃなくて、
ここで記念撮影してたのね。
ではメガネさんも・・・

b0129002_13545618.jpg

あまりの寒さに精一杯の笑顔が引きつってしまいました。


b0129002_13574342.jpg

ニワトリを飼っている一軒家もあれば、

b0129002_13583185.jpg

団地と思われる集合住宅もあり、
どの国もやっぱり土地を持ってる人は強いよね、と思いを馳せながら
駅から30分くらい歩いたでしょうか。
もう、道が間違ってても引き返したくありません。
つか、地図があってればソロソロ・・・あっ!

b0129002_1412163.jpg

ねぇ、あれって「チェスキークロムロフ城」の回廊じゃね?

眼前にそびえる城壁と回廊。
まさしく目的地と思われる建物です。
なんという偶然。
決して必然ではないです。

b0129002_1442321.jpg

外敵から守るため、お城の周りはには外堀を作れ。
その定石通り、川に架かる橋を渡らねば入城できません。
車とバイクは進入禁止ですよ。

b0129002_14101123.jpg

外貨を落としてもらうため、お城の周りには土産物屋を作れ。
その定石通り、橋のそばで屋台がありました。
その微妙な佇まいに、近寄る勇気も起きませんでした。

b0129002_1472155.jpg

つか、意外と細い川の上を渡り、入城の前に空を見上げてみると

b0129002_14134651.jpg

その迫力に圧倒されてしまいました。

b0129002_14174056.jpg

うわぁ、高いねぇ~。
あそこの回廊から落ちたら、絶対助からないよね。

b0129002_14185765.jpg

しかも「落石注意」って、結構命がけだね。
岩が崩れないうちに、さっさと中に入りましょう。

b0129002_14205870.jpg

ゲートをくぐると、また川が流れてました。
さっきよりも勢いのある川です。

b0129002_14224576.jpg

もちろん、その川も渡ります。
おじいさんは子供に手を引かれて渡りましょう。

b0129002_14241050.jpg

意外と川の流れが速いですよ。
小さな滝が出来てますよ。
落ちたら心臓まひで死んじゃいますよ。

b0129002_14252056.jpg

もしくは、川辺のイヌに食べられて死んじゃいますよ。

b0129002_14261138.jpg

「誰か落ちてこねーかな」
またも危険と隣り合わせです。

でも、左を見てくださいよ!

b0129002_1427564.jpg

チェスキークロムロフ城がそびえ立ってますよ!
すげー綺麗なお城ですね。
城の中はどうなってるのでしょうか、気になります。

b0129002_14385858.jpg

気にある衝動を抑え、街の中心部にあるはずのホテルに
とりあえず直行します。
ちなみに、もうすぐ14時です。
[PR]
by chesky471225 | 2008-03-18 13:59 | 3月18日の出来事