カラバ侯爵からの贈り物。
お腹も膨らみ、テンションもあがり、
いい気分のままお会計を済ませ、
いよいよ街を探検することにしました。

チェスキークルムロフのシンボルといえば、なんといっても


b0129002_11134557.jpg

クルムロフ城です。
チェコではプラハ城に次いで2番目に大きいお城だとか。
色鮮やかな壁が放つ圧倒的な存在感が、見てるだけでワクワクします。


b0129002_11205837.jpg

「ニョロニョロも 思わず飛び出す クルムロフ」

一句詠んでみました。
チェコ人に怪訝な顔でジロジロ見られつつ、先に進みます。


b0129002_11315570.jpg

観光に力を入れてるだけあって、
街のいたるところにお店がありました。


b0129002_11341799.jpg

もちろんチェコ語は読めないので、何の店か解からないのですが、
その個性的な佇まいを見てると思わず引き寄せられてしまいます。
試しに中に入ってみると・・・


b0129002_1311058.jpg

アンティークな小物や家具を扱うショップのようでした。
古いものは趣があって好きなのですが、
「ボロイ」のと「味がある」のは紙一重ですね。

歴史を感じさせるお店がある一方で、
伝統と現代を融合させた商品もありました。

それが・・・


b0129002_13124470.jpg

『夢と魔法の国へようこそ!!』

何と、アメリカ産のネズミ(♀)がモチーフのあやつり人形を発見しました。
チェコの伝統工芸と、異文化キャラが融合された見事な一品です。

どうやらチェコは人形劇が盛んらしくて、
それらをお土産として売ってるお店がすごく多かったです。


b0129002_1330551.jpg

「Choo Choo TRAIN」で大ブレイクした個性溢れるエンターテインメント集団とか、、


b0129002_13305422.jpg

『それはね、お前を食べるためだよ!!』 とか、


b0129002_1338436.jpg

『ボクは一回もウソをついた事ないよ!!』 とか、

特異なキャラクターが、職人の手によって命を吹き込まれてました。
どうも微妙ところを突いてる感が否めませんが。。。


と、ここでメガネさんに異変が・・・


お店に入るとお腹が痛くなる悪いクセがここでも勃発!
公衆便所もコンビニもないこの街で、
トイレがある場所といったら・・・


b0129002_1644924.jpg

さっきチェックインしたホテルです。
急いで、でもゆっくりと帰るロクデナシ。
いくら旅の恥はかき捨てとは言っても、漏らすことはどうしても避けたいお年頃。
いみじくも腹痛のビッグウェーブがまもなく最高値に達したとき・・・





b0129002_16492132.jpg

どうにか間に合いました。。。
トイレのマークが万国共通でよかったです。
眉間のシワがこれまでの激痛を物語っていますね。




b0129002_16502746.jpg

出るものは全部出したので、意気揚々と再び街に繰り出すお調子者。
さあ、次はどの店に入る?


b0129002_16524787.jpg

『ねぇ、この店の人形ってさっきの店よりレベルが高いよ』


b0129002_16544660.jpg

たしかに顔や服の作りなどがかなり凝っている感じがしますね。


b0129002_16584582.jpg

この完成度に比べたら、さっきの人形はバッタもんと思わずにいられません。


b0129002_1715918.jpg

さらに、あやつり人形だけじゃなく、パペットも充実してました。


b0129002_17454100.jpg

一つ一つ丁寧に作られたかわいいパペット。


b0129002_1761089.jpg

そのどれもが日本につれて帰りたい衝動にかられる代物です。


b0129002_1772944.jpg

おっと、衝動を抑え切れなかった人がいますよ。
いったい誰をつれて帰るのですか?


それは・・・



b0129002_1774776.jpg

長靴をはいたネコさんでした!

この高貴なる佇まいと、愛くるしい表情に全会一致の一目ぼれです。

キャー! カワイイ!!!


旅のお供にネコさんが一匹加わりました。
[PR]
# by chesky471225 | 2008-03-18 17:04 | 3月18日の出来事
ビールとつまみさえあればいい。
部屋で20分ほどぐったりして、
顔を洗って、足を揉んでたら、
お腹が「グー」と鳴りました。
そういえば、お昼食べてないね。


b0129002_21341173.jpg

そうと決まれば、観光よりも先にご飯です。
美味しそうなお店に適当に入りましょう。


b0129002_21384175.jpg

で、何も考えないで適当に入ったのがこのお店。
決め手は、玄関のドアの色がかわいかったから。

『Dobrý den!』


b0129002_21401787.jpg

あれ? 暗いね。
営業してますか?

『Prosím!』


どうやら奥に長いお店らしくて、奥に進むと店員が出迎えてくれました。
お客さんも少しいるみたいだし、安心していいですよね。


b0129002_2245010.jpg

メニューを渡されましたが、何もわからないし、
たぶん肉とジャガイモなんだろうから、それは適当にチョイスして、
やっぱとりあえず・・・


b0129002_2274333.jpg

『Na zdravi!(ナ・ズドラヴィ!)』

やっぱチェコのビールは美味しいね。
喉越しが優しい感じがします。
日本のって何かシュワシュワッって、攻撃的な感じがするでしょ。
ドイツとも、ベルギーとも違う、美味しいビール。
しかも安いし。
でも、日本で買うと高いんだよねぇ。。。



b0129002_22234693.jpg

「ブランボラチカ」というキノコスープです。
メガネさんはキノコが食べられないので、口にしませんでしたが、
チェコといえばキノコ料理が家庭の定番らしいです。


b0129002_22285547.jpg

珍しく野菜サラダがありました。
トマト・レタス・キュウリ等、野菜は摂れる時にとっておかないと、
次にいつ食べられるかわからないので貴重です。


b0129002_2295920.jpg

定番の豚肉、クネドリーキ、ザワークラウトの盛り合わせも頼みました。
もちろんビールに合うからです。


b0129002_22352453.jpg

豚肉の上にトマトとチーズが乗ってる盛り合わせです。
まるでガストのメニューですが、やっぱり美味しかったです。


b0129002_22352412.jpg

鶏肉のローストのヘンテコ盛りです。
誰だ、こんなに肉ばっか頼んだの?


b0129002_22571923.jpg

『あなた、男なんだから食べなさいよ!!』


義理の母にあまり嬉しくない気の使われ方をされ、
ビールで膨れたお腹に、無理やり詰め込まれるクネドリーキ。
チェコ人も失笑のヘタレっぷりを露呈してしまいました。。。
[PR]
# by chesky471225 | 2008-03-18 16:02 | 3月18日の出来事
カレル・ポボルスキーの正確なクロス。
チェスキークルムロフの街に入りました。
とりあえず目指すは今夜泊まるホテルです。
旧市街の中央広場 nám Svornosti (スヴォルノスティ広場) にあるらしいのですが・・・


b0129002_17151069.jpg

例によって道を覆う一面の石畳が、足取りを重くします。
トランクケースのガラガラがいまにも外れそうなイキオイです。
もし、この車輪が壊れたら・・・
体育座りして一歩も動けなくなるでしょう。。。


b0129002_17204982.jpg

しかも街並みがS字になってるので、
目標も何もなく、どこの角を曲がればいいのか皆目見当もつきません。


b0129002_1722167.jpg

時折、お店が並んでいるので、迷子にならないように目印に使うことにしました。
サッカーのユニフォームを着てるので、サッカー選手の店なのでしょうか。
「カレル・ポボルスキー」と書いてあるので、彼の店なのでしょうね。
とりあえず彼の顔が目印です。


b0129002_17271369.jpg

こちらは、布を扱うお店のようです。
人のよさそうな女主人が笑ってます。

『Ahoj (アホイ)』

って挨拶したら、もっと笑ってました。
あれ? 何か間違った!?


b0129002_1945660.jpg

それにしてもこの街、石畳で歩きにくい上に、坂が多いです。
ガラガラが付いてないこの人たちの荷物は、ほんとに苦労して運んでます。
ホテルはまだかと、一歩一歩踏みしめて登ります。
まるで富士山を登るように、こうべを垂れながら歩いていましたが、
ほら、顔をあげてごらん。

目前には・・・


b0129002_1950685.jpg

Kostel sv. Víta (聖ヴィート教会)ですよ!
15世紀に建てられたゴシック様式の建築物です。


b0129002_208077.jpg

間近で見ると、大きいねぇ。
立派だねぇ。
大したもんだねぇ。
人って疲れるとボキャブラリーがなくなりますね。


b0129002_20123186.jpg

入り口の厳かな階段です。
観光客がどんどん押し寄せるプラハ城の大聖堂とは違って、
話すこともはばかられる空気があります。
「信仰」って重い言葉ですね。


そんな聖なる場所を横目に・・・


b0129002_20143398.jpg

最後の力を振り絞って荷物を運ぶ親子愛。

『うげー! まだ着かないのかい!』

悲痛な日本語の叫びに、後ろでチェコの子供が笑ってます。


そしてついに・・・


b0129002_20195362.jpg

nám Svornosti (スヴォルノスティ広場) に着きました!
街の中央の広場です。
やっぱり少し遠回りしてました。
でも、疲れ果てた僕らの目の前には・・・


b0129002_20224340.jpg

今夜宿泊する「OLD INN HOTEL」がそびえ立っていました。
これを目指してたとはいえ、まさにミラクルです。


b0129002_20254884.jpg

入り口はここですか?
何とも味のある玄関ですね。
おそるおそる入ってみると・・・


b0129002_2025392.jpg

やっぱりホテルのフロントでした!
よかった、よかった!!

『Dobrý den!!』



b0129002_2028391.jpg

プラハのホテルとは違って、優しい感じの金髪のお姉さんが案内してくれました。

『Dekuju !』

ホテルの中はけっこう複雑で、廊下と部屋が入り乱れてる
まるで迷路みたいな感じでしたが、


b0129002_2034722.jpg

部屋自体はキレイでかわいい内装でした。
つか、外の景色よりニョロニョロが目立ってどうする!?


さぁ、休憩したら街に出てみましょう!!
[PR]
# by chesky471225 | 2008-03-18 14:27 | 3月18日の出来事
駅から街までガラガラと。
13時20分。

b0129002_13223948.jpg

ようやく「CESKY KRUMLOV駅」に到着です。
おとぎ話に出てきそうな街並みとの噂ですが、
そういえば駅舎もどこかしら可愛い雰囲気がありますね。

b0129002_13254625.jpg

とりあえずホテルまでの道のりを確認しましょうか。
でも、すごく広域の地図なので全然わかりませんね。
表に回れば何かあるかも。

b0129002_1336927.jpg

正面口に来てみました。
ホームから見た駅舎とはうってかわって、
ずいぶんシンプルな建物ですね。
幾分寒さも感じられます。

b0129002_1338975.jpg

しかも正面口なのに、この殺風景さに寒さが募ります。
ほんと何にもねーな。

b0129002_1340934.jpg

頼りは駅前にポツンと貼られていた一枚の地図のポスターのみです。
これで大丈夫・・・なのか?

b0129002_13425641.jpg

『この道をまっすぐ行って左を曲がればいいんだよ』
『おっ、さすが地図を読める男だね』
『・・・たぶん。。。』

一行の中で唯一の男性であるメガネさんですが、
頼りなさでは上位にランクキングされてる気がします。

b0129002_13453028.jpg

すべての勘を振り絞って、左に曲がってみました。
雲の流れが速いです。
時折粉雪が舞っています。
人の姿がありません。
ひたすら続く一本道を、重たいトランクをガラガラ引きずりながら歩き続ける日本人。
かなり怪しいです。

b0129002_1349069.jpg

あっ、チンタラ歩いてたメガネさんたちよりも、
もっとチンタラ歩いてる外国人3人組がいました。

『ドブリーデン!』

愛想だけは忘れない日本人。
旅の会話は挨拶が基本ですよね。

b0129002_13522389.jpg

つか、ここチョーいい眺めじゃん!
さっきの外国人はチンタラ歩いてたんじゃなくて、
ここで記念撮影してたのね。
ではメガネさんも・・・

b0129002_13545618.jpg

あまりの寒さに精一杯の笑顔が引きつってしまいました。


b0129002_13574342.jpg

ニワトリを飼っている一軒家もあれば、

b0129002_13583185.jpg

団地と思われる集合住宅もあり、
どの国もやっぱり土地を持ってる人は強いよね、と思いを馳せながら
駅から30分くらい歩いたでしょうか。
もう、道が間違ってても引き返したくありません。
つか、地図があってればソロソロ・・・あっ!

b0129002_1412163.jpg

ねぇ、あれって「チェスキークロムロフ城」の回廊じゃね?

眼前にそびえる城壁と回廊。
まさしく目的地と思われる建物です。
なんという偶然。
決して必然ではないです。

b0129002_1442321.jpg

外敵から守るため、お城の周りはには外堀を作れ。
その定石通り、川に架かる橋を渡らねば入城できません。
車とバイクは進入禁止ですよ。

b0129002_14101123.jpg

外貨を落としてもらうため、お城の周りには土産物屋を作れ。
その定石通り、橋のそばで屋台がありました。
その微妙な佇まいに、近寄る勇気も起きませんでした。

b0129002_1472155.jpg

つか、意外と細い川の上を渡り、入城の前に空を見上げてみると

b0129002_14134651.jpg

その迫力に圧倒されてしまいました。

b0129002_14174056.jpg

うわぁ、高いねぇ~。
あそこの回廊から落ちたら、絶対助からないよね。

b0129002_14185765.jpg

しかも「落石注意」って、結構命がけだね。
岩が崩れないうちに、さっさと中に入りましょう。

b0129002_14205870.jpg

ゲートをくぐると、また川が流れてました。
さっきよりも勢いのある川です。

b0129002_14224576.jpg

もちろん、その川も渡ります。
おじいさんは子供に手を引かれて渡りましょう。

b0129002_14241050.jpg

意外と川の流れが速いですよ。
小さな滝が出来てますよ。
落ちたら心臓まひで死んじゃいますよ。

b0129002_14252056.jpg

もしくは、川辺のイヌに食べられて死んじゃいますよ。

b0129002_14261138.jpg

「誰か落ちてこねーかな」
またも危険と隣り合わせです。

でも、左を見てくださいよ!

b0129002_1427564.jpg

チェスキークロムロフ城がそびえ立ってますよ!
すげー綺麗なお城ですね。
城の中はどうなってるのでしょうか、気になります。

b0129002_14385858.jpg

気にある衝動を抑え、街の中心部にあるはずのホテルに
とりあえず直行します。
ちなみに、もうすぐ14時です。
[PR]
# by chesky471225 | 2008-03-18 13:59 | 3月18日の出来事
Home is calling.
プラハ中央駅を出発して、約3時間。
ようやく「Ceské Budejovice(チェスケー・ ブディヨヴィツェ)駅」に到着しました。

b0129002_15172699.jpg

助かったのは、車両にトイレがついてたこと。
メガネさんの尿管には結石があるので、
3時間のうち、トイレに4回くらい行きました。
残尿管てほんと嫌ですね。

b0129002_15215499.jpg

お腹が空いたと思ったら、もう12時を過ぎてます。
乗り換えまでどのくらい時間があるのでしょう。

b0129002_1642634.jpg

とりあえず、また尿がしたいので、駅のトイレに向かいます。
チェコの駅は地下を通って移動するのですね。

b0129002_16121839.jpg

あぁ、やっぱりお金がかかるのね。
あんなに電車の中は無料だったのに。
いくら払えばわからないので、適当にお金を出したら、
お釣りがジャリジャリ戻ってきました。

b0129002_1615177.jpg

駅では、ここは八百屋かってくらい鮮やかなフルーツが売られてました。

b0129002_16173365.jpg

あまりに美味しそうだったので、サトちゃんが青りんごを1個購入です。
ちなみに42kc。
万引きしてないですからね。

b0129002_1761326.jpg

路線図がありました。
一番上の黄色い印が「Praha」。
そこからずっと下に来て、水色の印が今いる「Ceské Budejovice」。
そして左下の赤印が、これから行く「CESKY KRUMLOV」です。
・・・結構、遠いな。。。

b0129002_17112868.jpg

時刻は12時18分。
ちょうど電車が出発しそうです。

b0129002_17123752.jpg

走れ! 走れ!
これを逃したら、すべての歯車が狂います。

b0129002_19414084.jpg

ふぅ~。
どうにか間に合いました。
2両連結のバスみたいな列車に乗って、約1時間の旅の出発です。
もちろん周りは外国人だらけ。
と思いきや・・・

b0129002_19434196.jpg

アンジェラ・アキがいました。
でも、思い切って「アンジー!」と声をかけたら無視されたので、
たぶん人違いだったのでしょうか。

b0129002_19485592.jpg

家も、車も、人さえもない草原。
あるのは電車がゴトゴト走る音のみ。
チェコ語で誰かが話してますが、まったく聞き取れないので、
良質のBGMと化しています。

b0129002_19503916.jpg

時折停車するかわいらしい駅が
微笑ましくて、安心感を与えてくれます。

そしてついに・・・

b0129002_1957474.jpg

13時20分。
「CESKY KRUMLOV駅」に到着です!!

b0129002_2033429.jpg

ついにやってきたという感じなので、
到着しただけでガッツポーズがでます。

b0129002_200343.jpg

ここまで来るのに一苦労の観光地なので、
降りる客もまばらです。
この人は一人で来たのでしょうか。

b0129002_2044926.jpg

駅舎を見ただけでワクワクする土地なんて、あまりないですよね、
さぁ、どんな街なのでしょうか。
市街に行ってみましょう!!!
[PR]
# by chesky471225 | 2008-03-18 13:22 | 3月18日の出来事